基礎学力向上のためのWiquitous 学サポ ~学習に役立つ無料ツールを掲載~

小学校の算数で出てくる単位の換算表です(無料)。
単位の換算は何度も繰り返し練習することで身につきます。
壁に貼って、基本となる単位を覚えることからはじめましょう。

小学生単位換算表1:A4横 単位の種類を覚えることをメインとしたものはコチラ
小学生単位換算表2:A4縦 単位換算一覧表はコチラ


A4サイズで作成していますが、用途に合わせた大きさでプリントアウトしてください。
※プリントアウトする際に用紙内に収まらない場合は、印刷設定の印刷のサイズ(拡大・縮小)の部分を「用紙サイズに合わせる」にしてください。

2 Comments

  • M より:

    孫は小学5年で、塾にいってますが、
    泊まりに来たとき、宿題をみていましたら、
    単位表のわかりやすいのがないかをWebで探してみたとき、
    「WiquitousのHP」を見つけて役に立ちまして、
    プリントアウトして、孫に渡してやりました。

    ところで、質問ですが塾の宿題プリントに
    時速22.5km=秒速 ? cm
    とあります。
    あれ!おかしいな。
    秒速 ?cmの”cm”を単位として使いますか。
    度量換算表でも、他の速度の問題で”cm”は出てきません。
    教えてください。
    孫には塾が間違いプリントしたのでは!。と答えました。

  • 学サポスタッフ より:

    学サポをご利用いただきありがとうございます。
    さてご質問の件ですが、

    よく使われる速さの単位を例に挙げますと、
     自動車の速度…時速40km
     徒歩の速度 …分速80m
     風速    …秒速20m
    といったもので、「秒速?cm」というのは耳慣れない単​位ですから、
    違和感を感じられたのも無理はない​と思われます。

    単位には、
    CGS単位系(センチメートル(cm)、グラ​ム(g)、秒(s))と、
    MKS単位系(メートル(m)​、キログラム(kg)、秒(s))がありますが、
    現在は​MKS単位系が主流のようです。
    ですから、実際には秒速?​cmという表記はほとんど見かけないことになります。

    お孫さんの通われている塾で出題された問題は、
    「単位量​あたりの大きさ」の理屈を学ばせる意図で作られたと思わ​れます。
    実際に中学受験の問題として出題されたこともあ​りますが、
    これも単位換算の練習として捉えるのが良さそ​うです。

    またご不明な点などございましたらご連絡ください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


6 − = 五


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)