アプリ一覧 > 年代順!日本史

歴史の流れを学習するうえで年号は不可欠です。
本アプリは、大学入試に不可欠の重要歴史事項392個に
それぞれ適切な解説を加え、年号に焦点をあてながら、
4種類の問題形式(「暗記カード」「年号入力」「正誤問題」「年号順整序問題」)を利用して多面的に学習するものです。
徹底的に活用すれば、単に年代を覚えるだけでなく、「歴史の流れを掴む」ことにも役立ちます。

特長

■4つの機能で多面的に繰り返し学習

「暗記カード」:学習の基本となるものです。最初に歴史事項が表示されていて、
カードに触れると、年号と解説が表示されます。解説では、関連する歴史事項の用語にも極力触れています。
できなかったものだけを再チェックできる絞り込み機能や、ランダムに出題する機能もついています。
「年号入力」:その名の通り、歴史事項の年号を入力するものです。
間違った問題は自動保存され、リセットしない限り完答するまで継続できます。
また、解説およびランダム機能がついています。

「正誤問題」:この問題形式は大学入試にも使われる形式ですが、問題に○か×かで答えます。
間違った問題は自動保存され、リセットしない限り完答するまで継続できます。
また、解説およびランダム機能がついています。
「年号順整序問題」:この出題形式は大学入試でも御馴染みのものですが、それを初級・中級・上級の3段階に分けました。
歴史事項を年号の古い順にタップして解答します。各級とも完答するまで継続できます。
また、リセットした場合には問題がシャッフルされ、同レベルの別問題が出題されます。

■シンプルな操作性

スキマ時間に即座に学習に集中できるよう、いずれの機能もタップや数字の入力など
簡単に操作できる構成になっています。
また「時代別」に分かれているものと「レベル別」に分かれているものがあり、
各分野終了後には達成率が表示されますので、
自分の苦手な時代などが一目で確認できます。

■必要な知識がコンパクトにまとまった、分かりやすい解説

解説では、関連事項も適宜記載し、出来るだけ多くの歴史用語に読み仮名をつけました。
どの問題形式でも解説は同じ内容ですので、
繰り返し読むことにより歴史事項の理解とその流れが自然に身に付いてきます。

さあ、受験日本史の最重要事項392項目と年号を
4つの機能をフル活用してマスターしましょう!

■使い方動画はこちら

iPhone/iPadアプリをダウンロードする Androidアプリをダウンロードする